ブラックリストに載った私のVISAカード

ブラックリストに載った管理者によるブラックでも持てるクレジットカードや個人信用情報についてのブログです。

VISAデビットカードはある意味クレジットカード

 VISAデビットカードは、クレジットカードのように使えますがクレジット
カードではありません。

銀行残高の範囲であれば、クレジットカードのように使えるというカードで
す。

買い物をして、支払い時にVISAデビットカードで買い物をしようとしても、
残高が足りなければ購入することができません。

それは、インターネットでも実の店舗でも同じです。オンラインで即時
に残高状況が反映されます。

うなるほど銀行残高があれば、まったくクレジットカードと使い勝手は同じ
です。

ブラックリストの私には便利なカードです。

しかしVISAデビットカードはブラックリストだけの者のためにあるわけでは
ありません。

クレジットカードのように信用範囲であれば銀行の残高があろうとなかろう
と使えてしまうカードですと、紛失、盗難などがあった場合に危険です。

VISAデビットカードであれば、銀行残高の範囲の被害ですみます。
また、子供に持たせるにしても、使いすぎの防止の目的にもVISAデビット

カードであれば可能です。

ところが、VISAデビットカードでも盲点があるのです。たとえば、高速料金
や携帯電話の引き落とし、あるいは宿泊料金などの一部では、サービスを利用

した時点では銀行に残高がなくても利用できてしまうのです。そして、引き落としが
来た時に残高が足りないとサービスを利用した会社から改めて請求が

来るのではなく、VISAデビットカードの会社(スルガ銀行、楽天銀行)から
来るのです。つまり、VISAデビットカードが支払いを立替た形となり、形態

はクレジットカードの信用払いと同じです。
高速料金を支払う際に手持ちの現金がなく、VISAデビットカードの銀行にも

残高がなくて利用できない、なんていうこともなくなります。

逆に、銀行に残高がなければ、引き落とされなくても済むだろうと思っていたら
引き落とし扱いになっていた。ということにもなってしまいます。

この点は規約にも書いてあるらしいので、使用する際には注意が必要です。
ちなみに、一度引き落とし扱いになった場合には、その分の金額が

入金されるまでVISAデビットカードはストップしてしまいます。他の支払い
予定で入金しても、未払いの分の残高に達するとすぐに引き落とされて

しまうので要注意です。







スポンサードリンク



No.91|■ブラックリストでも作れるカード!CommentTrackback


ブラックリストに載った私のVISAカードtop

Comment

Comment Write
Name
Title
Mail
URL

Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字