ブラックリストに載った私のVISAカード

ブラックリストに載った管理者によるブラックでも持てるクレジットカードや個人信用情報についてのブログです。

借金の時効とブラックリストの関係

ローンが支払えない、借金が支払えない。
当然、事故情報には登録されいわゆるブラックリストの殿堂入

私のように。

支払えなかったローン、借金もやっと完済してから5年で事故情報
から開放されブラックリストとはおさらば。

しかし、支払いができなかった場合はどうなるのでしょう。

度重なる督促の電話、葉書。

月日は流れ最後に支払ってから5年。

この5年間、一回も支払わない、裁判所経由の支払督促
が来ていない、さらに債権者、ローン会社やクレジット会社

から裁判を起こされて債務名義となっていないのであれば

あなたの借金はなくなりました

そう、ゼロです。もう返す必要はありません。

これを時効といいます。



この時効は商的借金は5年、個人間の借金は10年。
という期間の違いがあります。

この時効の効果を出すためには援用という手続きを
踏まなければなりません


内容証明郵便で相手に対して、借金の時効が来たのでもう債務は
ございません。という趣旨の宣誓をしなければ時効の効果は

認められません。

ただ時効には中断、というものがあるので自分で時効だと思って
いても、4年間は支払っていなかったのに先月支払ってしまった

というのであれば、その日からまた5年です。時効が中断する
には他にもあるのでよく調べてから行動して欲しいのですが、

気になるのは時効が認められた後の個人信用情報はどうなるのか?
ということです。

借金踏み倒し野郎として一生、記録されるのかしないのか?
これは信用情報機関によって微妙に違うようです。

時効の援用としての記録が5年間載ってしまう。
または、時効という完済手段?により信用情報から消えてしまう。

現時点では時効の援用は個人信用情報から消える。とは断言
できないようです。

支払い義務からは開放されますが、

また借金をするのは・・・・・・・・。

スポンサードリンク



No.118|■ブラックリストからは消せるのか?CommentTrackback


ブラックリストに載った私のVISAカードtop

Comment

Comment Write
Name
Title
Mail
URL

Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字