ブラックリストに載った私のVISAカード

ブラックリストに載った管理者によるブラックでも持てるクレジットカードや個人信用情報についてのブログです。

私的・公的整理はどちらもブラックリスト

最近よく聞くのが私的整理ということば。

東北地震などで被災された方のために住宅、その他ローン
債権の整理に対する法案が作られるとか作られないとかいう

話です。

そこで使われる私的整理というのは何か?

私的の反対は公的整理、公的整理には自己破産や民事再生
特定調停など役所を通した法律的な債権整理を指します。

一方私的整理というのは債務者と債権者の間の話し合い
の中で債権をどのように扱うかすすめていくものです。

裁判所など公的な機関を介在しません。

私的整理というのは任意整理という言葉でもよくつかわれます

私的整理にしても、公的整理にしてもブラックリストとして載る
のは同じ条件です。

公的整理は自己破産などをする場合に官報に載るということ
の違いでしょうか。

東北地震での被災者は私的整理をしてもブラックリストには
載らないという話もあり、神戸の震災で被災された方との

対比の中で不公平感も感じる人もいるため難しい問題です。



スポンサードリンク



No.111|■ブラックリストとは何?CommentTrackback


ブラックリストに載った私のVISAカードtop

ブラックリストはアメリカ入国できないか?

アメリカにヴィザなしで渡航するものには
事前申請制度というものが導入されました。

これは電子渡航認証
Electronic System for Travel Authorization
ESTA(エスタ)と呼ばれています。

この認証を米国渡航前にうけておかないと
入国できません。

この認証を受けるには申請のHPにアクセスし
(詐欺サイトも多いらしいです)パスポート

情報などを入力し最後に認証の手数料を支払う
のですが金額は14$。そしてその支払い方法

クレジットカードのみということになっています。
ということは、クレジットカードを持たないブラック

はESTA認証ができない。ということは米国に
入国ができないということです。

ブラックリストは米国に入国できない、というのは
ブラックリストを調べられるわけではなく、クレジット

カードを持てない、ESTA認証がとれないから
入国できないということです。

しかし、私の利用するVISAデビットカードでも
支払い可能であるようですので、ブラックリスト

でクレジットカードが持てなくてもVISAデビット
カードがあればESTA認証の支払いは可能という

ことです。つまりブラックリストであってもクレジット
カードがなくてもアメリカには行けるということです。

当分行く予定はありませんが・・・・・・。
アメリカ渡航、旅行予定のブラックリストの方は

早速楽天銀行

で楽天VISAデビットカードを作りましょう。


スポンサードリンク



No.102|■ブラックリストとは何?CommentTrackback


ブラックリストに載った私のVISAカードtop