ブラックリストに載った私のVISAカード

ブラックリストに載った管理者によるブラックでも持てるクレジットカードや個人信用情報についてのブログです。

ブラックリストにも儚い夢をBIGで6億当選

 ブラックリスト掲載者の持つカードと言えばVISAデビットカード
VISAデビットカードには、駿河VISAデビットカードと
 
楽天銀行VISAデビットカードがあります。
楽天銀行とは2010年5月にE-BANK銀行から変わったものです。
 
私はE-BANK時代からのカードですので、今でもカードには
E-BANKと表示されています。
 
楽天銀行と駿河銀行どちらのVISAデビットを作ればいいのかと
いえば、断然楽天銀行をお勧めします。楽天市場との連携や
 
その他サービスでも断然有利なことは間違いないでしょう。
 
しかし、駿河銀行のVISAデビットカードは無料、、楽天銀行は
無料ではなく、年会費、1000円の通常のものと、年会費3000円
 
のゴールドの2種類、VISAデビットカードを利用するためには
年会費がかかるのです。
 
楽天銀行で口座開設をすれば、VISAデビットカードの付かない
キャッシュカードは当然発行されます。
 
これで楽天銀行のサービスは受けられますので、VISAデビット
カードが無料で欲しいのであれば、スルガVISAデビットカードを
 
作り、楽天銀行は普通のキャッシュカードのみ。
というのも良いでしょう。
 
楽天銀行の魅力のひとつに、TOTO・BIGがあります。楽天銀行では
何と、BIGで1等6億円!!が4本も当たっています
 
TOTO、BIGはサッカーくじですが、コンピューターで
勝手に勝利を予測してくれますので、購入ボタンを押すだけの
 
手軽さで購入が可能です。
購入金額は楽天銀行の口座から引き落とされます。
 
そして、見事、当選すれば、6億円が自分の楽天銀行口座に勝手に入金
されるという手軽さです。宝くじやロト6のように、売り場に行かなくてもいいし、
 
当選金をもらいに銀行に行く必要もありません。
気が付いたら自分の口座に60000000円!!の数字が並んでいる
 
ということもあるかもしれません。毎週ジャンボ宝くじが開催されているような
ものです。

ブラックリストになる原因はお金がないこと。
現金があれば、ブラックだろうと関係ありません。

現金があればブラックリストでなくなるわけではありませんが、ブラックリスト
であることを忘れることはできるでしょう。

 

スポンサードリンク



No.90|■ブラックリストでも作れるカード!CommentTrackback


ブラックリストに載った私のVISAカードtop

Comment

Comment Write
Name
Title
Mail
URL

Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字