ブラックリストに載った私のVISAカード

ブラックリストに載った管理者によるブラックでも持てるクレジットカードや個人信用情報についてのブログです。

ニューファイナンスの驚きの借り入れ規約

滋賀県にある消費者金融の「ニューファイナンス」が、NPO法人
消費者支援機構関西に訴えられました。

なんでも、期限前に完済した利用者に違約金として元金残額の3%を
を負担させるという契約条項が書いてあるらしい。

つまり、残金一括返済すると残額の元本にプラス3%を支払わせよう
というわけです。

貸金業法改正によ上限金利は下げられることになりまましたが
過払い金請求が増えたことにより、消費者金融は利益の圧迫に耐えかね

苦肉の策を講じたのでしょうか?
ただでさえ高い金利にプラス解約の場合3%が上乗せされれば、

利息制限法どころか出資法の上限金利も超える可能性があり、
時代錯誤もはなはだしいサラ金である。

こんなところから借りてブラックではたまらない。
 

スポンサードリンク



No.53|消費者金融CommentTrackback


ブラックリストに載った私のVISAカードtop

ブラックでもOK

ブラックでもOK!スポーツ夕刊誌などでよく目にする公告です。
ブラックリストに載っていても貸してあげますよ。といことです。

初めはクレジットカード、それに付随するキャッシング・リボルビング・それが
なくなると、銀行ローンカード、あるいは銀行系のキャッシング会社・それでも

一杯になると、次はサラ金、それもいくつか借りると借りられない。
ブラックリストでなくても「枠」が一杯になれば貸してくれません。

どこからどれだけのお金を借りているのか、そしてクレジットカードは何枚
持っているのかそしてその利用状況はどうなのか、そういう情報は個人信用情報

に載っています。利用記録です。
そういったものから融資判断やクレジットカードを作成するか否かを決めるわけ
です。

別にブラックリストに載っていなければいくらでも借りられるというわけでは
ありません。

それでも事故情報、つまりブラックリストではないので貸してくれる業者もいる
でしょう。

しかし、これがブラックリストであると普通の金融業者は貸しません
事故をおこした人間に誰が貸すでしょうか。

それでもブラックOKと宣伝しているには理由があるのです。高利、とてつもなく高利
です。宣伝文句には高利ですなんて絶対書いてません。

そして実際に行くととてつもない高利であることが判明する。しかし、高利であっても
現金を手渡されると、「いいか」という感じになってしまうものです。

そういった借金漬けの心理をよくわかっています。やつらは。

闇金・街金・システム金融・スピード金融・名前こそ違うようですが共通点は高利。
出資法などは全く無視。それでも借りなければならない理由があるからこそ

借りるのでしょうけれど、こういったお金を借りてまともに廻るわけがありません。
そんなところでも借りたい。

気持はヒジョーによくわかります。今日の飯が食べられない。そんな時には支払い
よりも、借りることで頭が一杯になります。

しかし、借りた後に待っているのは返済地獄。
そうならないためにも決してブラックOKには手をだしてはいけません。


スポンサードリンク



No.41|消費者金融CommentTrackback


ブラックリストに載った私のVISAカードtop