ブラックリストに載った私のVISAカード

ブラックリストに載った管理者によるブラックでも持てるクレジットカードや個人信用情報についてのブログです。

ブラックリト者可能な貸付

どうしても一時的にまとまったお金が必要と思っても
ブラックでは借入をすることが困難です。

しかし、ブラックであっても借り入れをする方法が
あります。

それは年金担保貸付と言われるものです。
年金を受け取っている年齢に限られますが、ほぼ無審査

で借り入れることが可能です。

年金は民間企業が貸付の担保とすることはできず、独立
行政法人福祉医療機構以外では扱っていません。

10万円から250万円の範囲で年金受給額の年額の
1.2倍、毎月の返済額の15倍、返済は年金の天引き

などの条件がありますが、年金受給者で且つブラックで
ある方の借入の一つの方法です。

年金貸付は老齢者になるとブラックであるということ
だけではなく、収入その他により民間からの借入が

困難になる上、年齢状病院、家の修繕費用などがかかる
などを考慮して作られたものです。

ただし、この年金貸付は自己破産などをしても免責対象
とはならず、貸付返済分は必ず年金から天引きされて

しまうことと、年金を生活資金にしている場合は天引き
後の年金額で生活が可能かを見極めた上で借りることが

必要です。



スポンサードリンク



No.115|■ブラックリストに載るとCommentTrackback


ブラックリストに載った私のVISAカードtop

自己破産の復権と個人情報のブラックリスト

自己破産をすると当然ブラックリストになるのですが、
ブラックリストに載るだけではなく、自己破産すると

「免責」になるまでのある期間つけない職業があります。
代表的なのは所謂「士」業、たとえば、

弁護士 弁理士 司法書士 公認会計士
などなど、そのほかにもいろいろあるのですが、

これらの資格ははく奪されるのではなく、免責
されれば、復権という形でまた元の職業に就くことが

できるのです。自己破産をしたからといって一生
資格がなくなるわけではありません。

ただ、復権されれば元の通りクレジットカードが作れる
のではないかと思われる人が居ますが、

破産法上の免責と、金融情報のブラックは同じでは
ありません
。免責されたからと言って、ブラックリスト

はやはり10年間近くは載ることになります。
自己破産の復権は数か月ですが、個人信用情報の

ブラック扱いは10年です。

スポンサードリンク



No.113|■ブラックリストに載るとCommentTrackback


ブラックリストに載った私のVISAカードtop